巨根男の童貞卒業

NO IMAGE

美優は可愛かったがガードとかがゆるゆるで、学校ではパンツ見えるし遊ぶ時にはむねも見放題だった。

友達4人で俺の家で遊ぶことになったのだが美優と俺以外急用や風邪で来れなくなった。

とりあえず美優にどうするか聞くともう最寄り駅に着いちゃったしとりあえず行くと言われたので自転車で迎えに行き後ろに乗せてやった。

普通は台に捕まると思うが美優は俺に抱きついてきたからおっぱいが背中に当たってた。

10分くらいでうちに着いたのでうちにあげ先に部屋行っててと言うと俺の部屋のベッドの下を覗いてた。

もちろん美優のピンクのパンツは丸見えだった。

なにしてんの?と聞くとエロ本あるか探してたけどないねーつまんないなーと言われた。

美優のパンツ見えてるからそれで十分だわーと冗談で言うとエッチと言われた。

とりあえずゲームでもやるかってことになりやってた。

美優の服はいつもより露出度高めでブラも見えてた。

結構がっつり見てたので美優も気づいたらしくなに見てんのーとからかってきた。

そんな服着てて見るなって方が悪いと言うとそんなに見たいならいいけどと返ってきた。

さっきのこともあり結構エロい話をしてた。

その流れで美優が俺のって大きいらしいねと言ってきた。

どこからそんな事を聞いたんだろうと思ったが、それなりにでかくはあったのででも使うところなきゃ意味ないしねと言うと童貞なの?ときかれた。

前の彼女とはキスまでしかしてなかったのでそうだよと答えといた。

どんだけでかいのかみてみたいと言われた。

ちょうどwiiスポーツをやってたのでボーリングで勝ったら見せてあげ俺が勝ったら美優のを見せてくれる勝負をした。

俺は普通に勝てると思ってたけどやってみると美優に負けてしまった。

勝負は勝負なのでしょうがないから見せることにした。

一応出したが萎えてたし勃つ感じはなかった。

美優に一か八かでおっぱい見せてよと頼むと勃たないならしょうがないしいいよと言われた。

服を脱ぎブラも外しおっぱいを出してくれた。

いつも見えてなかったピンクの乳首が見えた時には興奮したので当然勃起した。

いつも以上に大きくなっていたのを美優に見せると「うわでっか」と驚いてた。

握ってみる?と言うと握って動かしてくれた。

フェラしてよと言うと全部は無理だよと言いつつ咥えてくれた。

半分くらいしか口に入らなかったが動かしながら舐めてくれたので口の中に出した。

ここまできたら最後までやると思い美優の胸を揉んだ張りのあるおっぱいだった。

乳首はもうたってて弄ってると声が出てきた。

下に手を伸ばすと少し濡れてた。

美優をベッドに寝かしパンツも脱がせるとまんことご対面。

初めて見るまんこは結構グロかった。

指を入れてみるとニュルって感じで入った少し動かしてると汁が増えてきた。

感じてるんだなと思うと美優が舐めてとお願いしてきたので舐めてあげた。

美味しくはなく変な感じがしたが舐めてやると美優は結構感じてた。

クリに気づいたので軽く弄ると声が大きくなっていった。

だいぶ濡れたから大丈夫だろうなと思い美優に挿れていい?と聞くといいよと言われた。

財布に入ってたゴムを出してつけた挿れようとしたが場所がよく分からず入らなかった。

美優にまんこの位置までちんこをもっててもらって腰を沈めるとぬるっと入ってった。

根元まで入れようとしたが全部は入らなくキツキツで美優は入れただけでも結構声が出てた。

動かし始めるといつも当たらないとこに当たるやばいといって喘ぎ出した。

中もいい感じなので童貞の俺はすぐ出してしまった。

まだまだ元気だったので次は騎乗位をしてもらった。

美優が上に乗るとぬぷぬぷ入っていき全部美優の中に入った。

動き始めたがよほど気持ちよかったのか物凄く喘いでた。

揺れる胸を揉み乳首をいじると締まりが良くなった俺も下から突き上げるように動くと美優はすごい声を出していってしまった。

俺はまだいってなかったので対面座位でおっぱいを吸いながら腰を動かし2、3分で果てた。

ゴムが切れたからそこで終わりになったがそこから1時間くらいはおっぱいをいじりながら話してた。

帰る時美優はまだまんこになんか入ってる感じがするもう俺以外のちんこじゃ満足できないかもしんないから責任とってよねと言われそれからは暇を見つけてはセックスばかりしてる。