巨根男が渋谷で巨乳な看護師をナンパした結果・・・

「100万箱」売れたペニス増大サプリ

巨根を目指す男性に大人気のヴィトックスα

1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも楽に続けられます。

>>>ヴィトックスαの公式サイトはこちら

昨日、テツは渋谷でナンパしてました。

夜8時ぐらいから始めたものの、最初はあまりうまくいかず、

番ゲはできても連れ出しはゼロでした。

3時間ほどがんばったものの誰も連れ出せず、今日はもう帰ろうかと思っていたところ、目の前を長身の女の子が通り過ぎました。

ミディアムぐらいの髪でグレーのワンピースを着ていました。

顔はS級!目がおっきくて可愛い!

テツはすかさず声をかけました。

テツ「こんばんはー!今日は飲み会だったの?」

相手の女の子は足を止めずに歩いていましたが、俺は食い下がっていきました。

なんとか会話を弾ませ、足を止めることに成功w

テツ「よかったら、これからホテルでエッチしない?w」

女の子「wwww直接すぎでしょwwおもしろいねw」

テツの直接攻撃(?)が効いたのか和ませることに成功。

居酒屋で30分だけという約束で飲むことになりました。

女の子の名前はアキ。

都内の病院に勤務する看護師で24歳でした。

背が170センチと高く、すらっとした脚がエロかったw

今日は職場の飲み会の帰りだったそうだが、少し飲みたらなかったので、ついてくる気になったそうだ。

仕事の話や恋愛の話をして和む。

アキの恋愛観を掘り下げていったが、意外と男にはだらしないようだったw

前の彼氏は同じ職場の医者でなんと40歳w

不倫だったw

学生時代から同世代よりも30代40代と付き合うことが多く、半分ぐらい不倫らしかったw

今は彼氏はいないんだけど、その40代の元彼とまだ体の関係は続いているようだった。

アキ「なんか、そういう関係になっちゃうんだ~ だらしないよねw」

話込んでいると時間は30分を超え、すでに終電はなくなっていたw

アキと居酒屋を出て、ラブホ街へ。。

アキ「こんなつもりじゃなかったんだけどな、、やっぱ私だらしない」

そう言いつつもついて来てくれましたw

ホテルに着くと、お互い別々にシャワーを浴びて、ビールで再び乾杯!

アキは結構飲んでいたので、普通に酔ってますw

アキを抱き寄せ、キスを始めました。

酔っているせいなのか、元々そうなのか、けっこう積極的に舌を絡めてきます。

バスローブの紐を解き、アキを全裸に。

会ったときから思ってたけど、、、アキちゃん巨乳~!

アキおっぱいは白くて垂れてなくて形がきれい!

テツ「アキちゃん、何カップあるの?」

アキ「ふふ、Gカップあるよ~すごいでしょ?」

テツ「でっかー!」

アキは自分でおっぱいを寄せながらいいましたw

アキの手で変形するおっぱいがエロすぎw

てかアキ酔ってるせいかノリノリw

アキ「ふふ、みんなおっぱい好きだよね~w」

テツ「当たり前だろ!おっぱい嫌いなやつなんていないよ~」

アキ「てかw私だけ裸なんだけどwテツ君も脱ごうよ~」

テツはバスローブを脱ぎ、ボクサーパンツ一丁になりました。

アキ「あれ?もうっ起てるの?wアキのおっぱい見て興奮しちゃったのかな?」

実は、まだ全然起ってはないんだけど、チンコがでかいせいか異様にもっこりしてるw

テツ「まだ起ってないよーwアキちゃん触ってみ?」

アキがボクサーの上から俺のチンコを触ります。

アキ「え!まだふにゃふにゃなのに、、、なんかでっかくない?」

テツ「うん、でかいかもw見てみる?」

アキ「うわwwでっか、これで起ってないって、、、起ったらどうなるの?」

アキはテツのパンツを脱がし、テツのフニャチンを握りながら言った。

テツのはけっこうでかくて、通常時でも15センチぐらいあるw

アキ「すっご、太くない?しかもズルムケ~w」

アキはテツのチンコを咥え始めた。

すっごいフェラが気持ちいいw

アキ「うわ、、、これ、やばいね、入れたら絶対気持ちいいよ、、、」

テツ「どう?気に入った?w」

アキ「ふふ、入れてみないとわかんないけど、こんなにおっきくて硬いの初めてかも、、」

テツはアキを手マンとクンニで濡らしまくってから、正常位で挿入することに。

ゴムはきついので生で入れることにしたけど何も言われなかったw

アキ「入れちゃうの?ぜったいおっきすぎるよw」

テツ「ゆっくり入れるから大丈夫だって、いくよ?」

アキ「うわあぁ、すごいい、おっきい!」

アキは眉間にしわを寄せ、かなりキツそうw

シーツをぎゅっと握り、目を瞑っていました。

アキ「うあ、、すごい、太いよ、、、」

テツ「まだ半分ぐらいだよ、、もっと入れていい?」

アキ「うそ?おっきすぎ、、きついかも、、ゆっくり、ゆっくりきて」

アキはさらにぎゅっとシーツをつかみました。

アキ「うぁあぁぁ、、あぁぁあ!すごい、、奥とどきすぎ、、」

テツ「どう?大丈夫?」

アキ「だ、大丈夫、、きもちいいよ、、あぁすごい、こんなとこ届くなんて」

テツ「元彼とどっちがいい?w」

アキ「ふぁぁ、全然ちがう、、こんな奥までこないし、、こんな硬くないもん、、」

テツはゆっくりとピストンを開始、、アキのGカップおっぱいが揺れてたまらんw

アキ「はっ、、、、あぁ!あぁ!これ、すっごい、、すごいひっかかる」

テツ「もうちょい速くしてもいい?」

アキ「だめ、、、すでに気持ちよすぎっ、、カリが奥のところにひっかかって気持ちいい、、、」

泣きそうな顔でアキに見つめられて、俺はさらに興奮w

テツは少しピストンを速めました。

アキ「ぁああぁ!だめだめ!いい、きもちいいよ!あぁん!あん、あん!はあ!だめえ、だめだって、、、もうイク!イクうううう!」

10秒ぐらい突いただけでアキはいっちゃいましたw

アキ「こんな早くイクなんて、、、テツ君すごすぎ、、ってかおっきすぎw奥に当たりまくってめっちゃ気持ちいいよ~w」

その後、テツがイクまで30分ぐらいかな?

アキは10回以上絶頂に達していて、テツのデカチンを絶賛していましたw

いや~ストナンでこんなエロくて巨乳な看護師と出会えるとはw

看護師はエロくて欲求不満な子が多いですね~

コメント

コメントする

目次